このページは こちら「街」に移動/統合しました

(セルフカバー)

作詩:堂本剛(歌詩
作曲:堂本剛

屋敷豪太:Drums
種子田健:Bass
西川進:Guitar
十川ともじ:Acoustic Piano
真部裕ストリングス:Strings

●アルバム「カバ通常盤 堂本剛 2013.05.08

🦛 カバ オフィシャルサイト

オリジナルバージョン『街』

シングル「街/溺愛ロジック」堂本剛 2002.05.29
アルバム「ROSSO E AZZURRO」堂本剛 2002.08.07

●DVD/VHS「LIVE ROSSO E AZZURRO

●DVD/VHS「TSUYOSHI DOMOTO 2nd LIVE [síː] 〜FIRST LINE〜」初/通-Disc1

●DVD「不完全 FUNKY WHITE DRAGON」初/通-Disc1

●DVD「薬師寺」初/通-Disc1

●DVD/Blu-ray「東大寺LIVE2018

●DVD/Blu-ray「祈望 平安神宮 奉納演奏史 2014-2019」Disc1

​●IGTV「愛のひと」「街」

ENDRECHERI LIVE 2022 より

2013.5.18 NHK「SONGS本人談

やっぱり奈良に、本当の自分を置いてきてしまった感じがすごくあったんです。奈良に残してきた本当の自分が、東京にやむを得ず出ていかなきゃいけない自分を見送っているようでもあり、っていう。東京の自分が奈良の自分に対して、奈良の自分が東京の自分に対して、っていう、歌いあってる・訴えあっている・メッセージを交換しあってる、っていうような、そんなイメージで。

 

泣きながら校舎をあとにした日(14歳で奈良から上京)から9年。ぼくはアイドルとして、がむしゃらに走り続けていました。そんなぼくが、音楽で、本当の自分を表現したいと思い、作った曲です。『街』。

 

2016.06.07 NHK-FM「MISIA 星空のラジオスペシャルセッション『街』

MISIA x 堂本剛、pf.重実徹、gt.山口周平、gt.吉田サトシ

MISIAさん自身が“素晴らしいセッション”と評した、魂を揺さぶるソウルフルな二人の歌声は、リスナーを感動の渦に巻き込んだ。剛さんの感想は、“女性と一緒に歌うってこんなに気持ちいいんだというのを体感した。女性の声が入るだけで、『街』の感情・カラーがふわっと広がって。男の人の大地とかいう下のほうの感じに、風とか空とか星とかいう上のほうの情景が広がって、さらに大きな歌にしていただいた。”