Kurikaesu 春

244ENDLI-x

 

2008.04.02 シングル

作詩/作曲/プロデュース: 244ENDLI-x

 

RAINBOW☆ENDLI9

ENDRECHERI

初回盤

JECR-0006

1. Kurikaesu 春

2. プロポーズダンシング

3. Let's try the love!

 (作詩/作曲:ARAN)

4. Kurikaesu春(Backing Track)

通常盤

JECR-0007

1. Kurikaesu春

2. プロポーズダンシング

3. OH LORD!

▶ ENDLICHERI☆ENCLICHERIプロジェクト作品であるが、名義は244 ENDLI-xに。アルバム「I AND 愛と同時発売。[28歳]

 

Kurikaesu 春』は初のテクノサウンドMVは、攻殻機動隊やエヴァンゲリオンの作画監督・黄瀬和哉氏(Production I.G)らの制作。TSUYOとARANの切ないラブストーリーは、アニメファン垂涎の作品。

REVIEW

これまでの作品すべてそうだが、このマキシでもアイドルとしての堂本剛はどこを探してもいない。感傷的なピアノのイントロから、キャッチーなメロディとサビの解放感がたまらない極上のエレクトロニック・ポップが始まる。いよいよやばいことになってきた。(CDジャーナル

▶『Kurikaesu 春』桜の花びらが舞う季節にも、新緑の踊る季節にもフィットするSOUNDです。クセになるラブソング用意しました…。(旧HP セルフライナーノーツ)

▶『Kurikaesu 春』この曲は、春の歌というよりかは春の季節、4,5,6月くらいの感じ。人はやはり恋をする感じもあったり、諦める感じもあったりしますけれど、ほんのり咲いた恋心を繰り返す春と繰り返す自分、というか。歳を重ねて、その季節に毎回繰り返して立つわけですよ。でも、今、君のことを好きだという気持ちが繰り返すかと言ったら、その保証はないということです。だからこそ、大事にしたい。そんなちょっと甘く切ないラブソング。(2008.3.8 LOVE-DHA つよしんぐわーるどラジオレポ

244ENDLI-x INTERVIEW(ORICON STYLE 2008.4.2)

Q:244ENDLI-xとして、最初のシングル、アルバムとなりますが、今までの作品と大きく異なるのは、どの部分ですか?

A:よりリアルな自己解放をしたところでしょうか。

Q:シングル「Kurikaesu春」ではテクノに初挑戦されておりますが、手応えはいかがですか?

A:最終的なミックスをする手前で、3パターンくらいバージョンを作って聴きました。そのなかで、このテイクを選んでいる理由は、4月から6月くらいまで生きていけるだろうテイクだったので、コレにしています。春のラブソング、用意しました。

Q:244ENDLI-xさんにとって、春はどういう季節ですか?

A:自身が生まれた季節が4月なので、とても様々な事に感謝をする季節です。自身が生まれてきた事の喜びと、美しく咲く短い晴れ姿を持つ桜が散っていく切ない気持ちとが、入り交じる、そんな季節です。

Q:続いて、アルバム「I AND 愛」のことも聞かせてほしいのですが、ズバリ、このアルバムのコンセプトは?

A:人は何かに打ち勝つ時、「I」が必要である。人が「I」を生み出す為には、「愛」が必要である。答えるならば、そういうことだと思います。

Q:アルバムに収録されるHelp Me Help Me…Music Clipの見どころ、撮影秘話などを教えてください。

A:この撮影の為に、髪も切らず、ヒゲを伸ばし、そのまま挑みました。ピアノを弾いている姿も、あまりお披露目していないので、新鮮に感じていただけると思います。一番の見どころは、その伸ばした髪をハサミで切っているシーンでしょうか。

Q:LIVE TOUR '08 I AND 愛が始まりましたが、見どころなどを可能な範囲で教えてください。

A:愛する人の前に、たかが一人の男として立ち、愛する人の目をきちんと見て、「愛している」と伝えたい。ただ、それだけです。