第15回 2018.03.30 90分拡大版

MBS公式サイト

梅田から地元・奈良へ帰るんやからね 6

シャンプーハット・こいでさん、千鳥・ノブ&大悟さん、天竺鼠・川原克己さん、[天の声] 桂三度さん

河内花園駅前からスタート。髪を切りチェ(・ゲバラ)感ゼロになった剛さんは、ゲストを練りたての団子を運ぶ業者さんと勘違い。大悟さんは前回エントリーしたクレープ店PEPEのイケメンコンテストで見事1位に!

地元の方に「何の取材ですか?」と聞かれ「プロレスの番組で」と答える剛さん。道に落ちていた手袋片方が右手か左手かをこいでさんと推理。BGMは金田一少年の事件簿。畑の横を歩きながらボケまくる三人に「ボケ数が多いな!」とノブさんがぼやきます。

あっという間にラグビーの聖地・東花園駅に到着。足元にウズラの卵(by 剛さん)が並ぶトライくんのモニュメント前では、五郎丸も登場し、ラスベガスに持っていけるコメディ(by 三度さん)が展開されます。

軒先に大量のかばんが並ぶ不思議なお店「フミヤ」さんに到着。BGMは33分探偵。ノブさんに(ナガブチに見える)冬のオバハン帽子と(MCG映えする)かばんを購入。そして創業52年の菓心庵・絹屋さんへ。7回肩を触られると死んでしまう剛さんですが、こいでさんがお尻を8回触ってくれたので、めちゃくちゃ長生きできることになりました。剛さんはさくら餅、こいでさんは花見だんご、ノブさんはいちご大福、大悟さんは和トリュフ(&ノブさんのいちご大福)を食べました。

川沿いの道で三度さんがノブさんのファッションアイテムに最適なバイクのチェーンを発見。首からチェーンを下げ、水で濡らされダメージ加工もどきになったTシャツ姿のノブさんはまるで“海外のミュージシャン”。お昼前になり、4人はとんかつ屋さんの看板を見つけますが、スタッフに促されて素通り。パチンコ屋さんでトイレ休憩。

トイレが長い大悟さんをおいて三人だけで出発。ノブさんのファッションアイテム(帽子・かばん・チェーン)は遅れている大悟さんに着用させるため、ADさんに託されます。剛さんたちが小犬3匹を連れた方に遭遇し「どれが高見沢さんですか?」と訪ねていると、“宮川花子マラソン”を走る大悟さんが追いつきます。

これから向かう暗(くらがり)峠が、すごい傾斜でイノシシも出ると地元の方に教えてもらう4人。そしてこのあとロケ3本をこなす千鳥の二人以外は、みんな撮影後に梅田に“大中華”を食べに行く予定が明らかに。「昼から打ち上げすなよ」「だからとんかつスルーしたんよ」と愚痴るノブさん&大悟さん。

中華料理店を発見し、二人のためにテイクアウトを注文することに。お弁当ができるまで残って待つ1人を決めるために、大悟さんとノブさんがじゃんけん。1回目はコスモのグーで無理矢理あいこにしたノブさんでしたが、結局2回めも負け。ファッションアイテムも再びノブさんが着用することに。

だんだん“エグく”なってきた坂道をひたすら歩く三人ですが、追い越して停車したワンボックスカーから降りてきたのはなんとノブさん。三人は「ありえへん!」。みんなが写真を撮るあいだに、運転席に座ってみる剛さん。このあたりから予想以上に厳しい上り坂に。

お休み処近くのベンチで千鳥のお弁当タイム。大悟さんの唐揚げを剛さんがつまみ食い。美味しいA定食を食べながら、ここでロケを終わろうと提案する千鳥の二人ですが、剛さんは却下。暗越奈良街道の地獄の急勾配に突入します。

休憩タイムとなり、喫茶「いちご」のママからの激励のお手紙といちごジュースの差し入れにみんな大喜び。ここでロケ終了まで7分となった千鳥ですが、スタッフが確認したところもう少し大丈夫、ということに。がっかりな二人。休憩で元気になって坂道を走り出す剛さんに、みんなは「バカ中学生か!」「すごいのよ前向きさが」「悟空や!」

(このあたりからカメラマンさんが追いつかないのか、息も絶え絶えに登る三人の映像だけで、剛さんはしばらく映りません。)やがて皆ヘトヘトになり、会話はゼロに。そして千鳥がタイムアップ。お迎えの車かと思いきや、そこからなすびが登場し、笑い崩れる4人。大悟さん曰く「こんなん山道で一番めんどくさいから」。そして早速川原さんの「わしゃノブじゃ」のボケ。川原さんがノブさんのファッションアイテムを引き継ぎ、剛さんがなすびを被ります。

川原さんとともに歩き始めた三人は、番組を見て梅田から奈良まで歩くことにした剛さんの大ファンに遭遇。なすび剛さんは握手をしてあげながら「こんな格好でごめんね」。

暗峠で一番の急勾配の坂を登りきった三人は、最後の休憩タイム。以前中学受験の応援をして合格したメグちゃん手作りのお守りとバッジを渡されます。お守りをもらうタイミングに疑問を持つ剛さんですが、かわいいプレゼントに大喜び。バッジを乳首に付けさせようとする川原さんが剛さんに後ろから抱きつき、その川原さんにこいでさんがだき付き…すごい光景に。

そしてついに奈良県に到着!だらっと県境を越え生駒市に入ってしまった剛さんに、川原さんは「ヘタクソか!」

梅田から24キロ、奈良との県境・暗峠でゴール!峠から奈良を見下ろし感激する三人。このシリーズの完結を迎え、剛さんは「色んな人に助けてもらい、色んなドラマがありました。色んなひとに支えてもらいながらようやくここまでたどり着きました」。こいでさんは「他愛のない、テレビでは使わへんくらいの会話を歩きながらしてるのが楽しかったです。それをしっかりオンエアしてるのがこの番組の素晴らしさだと思います。だからゴールして嬉しい反面、ちょっと寂しいという思いもあります」

剛さんはこの回を「梅しば編」と命名。理由は「サンディが梅しばをめっちゃ食ったから」。三度さんも「梅しばがなかったら今の僕はないです」。

剛さん最後のご挨拶。「ひとまずお開きということでございますけど、またみなさんの前に、いろいろな企画を提案して参上したいと思っております。それまで皆さん、どうぞお元気でお過ごしください」「じゃ、中華行きましょうか?」。最後は三人の耳グッドのポーズでお別れ。エンディング映像は、坂を登りながら歌う剛さん、みんなで記念撮影、そして剛さんと川原さんによる千鳥ネタ。本当に最後の最後まで楽しい90分でした。

🔸リアルライブ 2018.04.07

大阪から地元の奈良まで歩いてようやくゴール 次はどこを目指す?

第14回 2018.01.26

梅田から地元・奈良へ帰るんやからね 5

シャンプーハット・こいでさん、千鳥・大悟さん、[天の声] 桂三度さん

深江・いわみ美容室前からスタート。剛さんを見て「チェ・ゲバラとロケするんかと思った」と初登場の大悟さん。スタッフがぎゅっとざっとふぁっとやった結果(?)、ボケばかりでツッコミがいない状況になりましたが、剛さんは「チェはツッコみますよ」。

歩き出してすぐにQuestion Drinkがある自販機を発見。お金を入れる大悟さんに「ボケて」とお願いするこいでさんと剛さんですが、「キツイわ〜ボケたりツッコんだり」。結局お札がそのまま戻ってくるという奇跡的な自販機のボケ。もう一度トライして出てきた面白くないアップルドリンクは、お昼を食べていなかったこいでさんが飲むことに。近所の方からおせんべいの差し入れも。

商店街を進む三人。「大悟さん大好きでーす」と声をかけてきた人が少し遅れて剛さんに気付き「あ!つよしや!」となりますが、剛さんは「チェ・ゲバラです」。「お母さんが大好きなんです」と言われ、「おかんがかいな」。とにかくやたらとチェをおす剛さんに、大悟さんは「革命家軸にボケててええんか?」。そして疲れたのか早々にタバコ休憩。ハカイダーのヘルメットがある場所で大悟さんが一服する間にも、楽しそうにボケまくる二人。三度さん曰く「ノブさんのときよりボケてます」。

再び歩き出す三人ですが、剛さんがまさかのチ○○ボケ。すかさずツッコむ大悟さんに「チ○○じゃなくてヘソの話や」とさらにボケるこいでさん。ボケが止まらない二人とそれに翻弄される大悟さんは、商店街をぬけて近鉄布施駅に到着。そこから近鉄奈良線沿いに東に向かいます。今回もこいでカメラが活躍し、カメラさんの股間、緑でお揃いのPUFFYみたいな二人、剛さんが合格祝いに贈りたい3500円の桜島大根などを次々と激写します。そして前回大活躍の「インサートガール」も後ろからしっかり狙っています。

「サンディ」の店を発見し、ドリンクを買う三人。その後、河内小阪駅が地元というAD中村さんが薦めるパン屋さん「FRANK'S」へ。入り口ではお決まりの靴をぬぐボケ。なぜかここでお店を紹介する三度さんのナレーションがカミカミ。三人は一番人気という海老フライ三度と照り焼きバーガーを注文。海老フライサンドが最初に運ばれてきますが、大悟さんにツッコまれてもポテトばかり食べてなかなかサンドイッチを食べないこいでさんと剛さん。ついにこいでさんが食べ、さんざんツッコまれた剛さんは結局海老をよけて食べました。ここで大悟さんが小声で「海老食えないとかですか?」剛さんは「海老アレルギーやから」。衝撃の事実に大ショックの大悟さんは「はよ言うて〜」。

さらに線路沿いに東に進みますが、疲れてきた大悟さんは「ほんとに歩くんだぁ…」。スピードアップした三人はついに布施駅から3つ目の八戸ノ里駅に到着。でも剛さんは「まだ行くでしょ」と迷わずさらにぐんぐん進みます。そしてAD中村さんオススメの「クレープPEPE」へ。店頭のメニュー看板が色あせていて「わからへん。どしたらいいの?選ばれへんやん」と剛さん。三人はそれぞれカスタードチョコ生クリーム、いちご生クリーム、オレオカスタード生クリームを注文。イケメンコンテスト開催中ということで剛さんが「大悟くん(エントリー)しとく?」。結果は2月10日発表とのこと。

さらにどんどん東へ進みますが、「ほんとに止めないんだ」「ケータイとかも一回も見てないわ」と大悟さんのぐちは増える一方。「まだ3時間歩けるわぁ」という剛さんに、こいでさんも「今日どないしたんすか?」。そして若江岩田駅に到着。もう一駅行こうとする剛さん&スタッフに、舌も回らなくなってきた大悟さんは「行かない」と言い出します。「どっちにしろ一回止まって。一回止まって考えましょ」と一生懸命抵抗しますが、結局まだ歩くことに。「クオリティが落ちる」「腰痛いわぁ」と愚痴は止まりません。そんな大悟さんに剛さんとこいでさんは「仕上がってきたね」「いい顔してるね」。

さらに10分歩き、ついに河内花園駅が見えてきました。「今回はあそこで終わりましょか」という剛さんの一言で、大悟さんは「相当頑張ったんじゃないですか」「今日はでもよくゴールしましたね」「剛さんの頑張りには僕も驚きです」と急に饒舌に仕切り始めます。まだまだ元気な三度さんが華麗なステップで踊りだしますが、シャバシャバな枝垂れ桜の前でエンディング、ということに。この日は今までで最長の6.6キロを歩きました。ロケを振り返って大悟さんは「僕の中では、海老を食えないことをずっと怒っていたのが結構ショックでした」。この回は「エビアレルギー編」と名付けられました。

第13回 2017.11.03

MBS公式サイト

梅田から地元・奈良へ帰るんやからね 4

シャンプーハット・こいでさん、銀シャリ・橋本直さん、[天の声] 桂三度さん

6月下旬に突発性難聴を発症した剛さん。5ヶ月ぶりに待ちに待った「やからね」が放送されました!

前回のゴール「つたや書店」さんからスタート。徒歩や自転車で沢山の人が行き交う、剛さん曰く“メロウでムード感あふれる”玉造商店街でオープニングトーク。橋本さんはシリーズ第1回以来久しぶりの登場です。奈良県の県境まであと13キロと聞き「今日いけるんちゃう?」と剛さん。いつも通り、ゆるっと歩き出しますが、ファンに握手を求められ、優しく応じます。「本番中とわからず」というファンの斬新な言い訳にツッコむ橋本さん。ここで剛さんは、実はついさっきまで奈良にいて、個人的にはゴールしてしまったことを告白。

剛さんたちのロケを半年近く毎日ずーっと待っていたという「いしかわ水産」さんへ。お店にお惣菜を買いに来たお客さんを「奈良まで一緒に歩きます?」と誘う剛さんに、「フォレスト・ガンプみたいなるから」とこいでさん。剛さんはカツオを揚げたトトタツタバーガー、こいでさんはブリ、橋本さんはサーモンのバーガーを渡され、お店を背負ったり、橋本さんの下ネタに文句を言ったりしながら、美味しそうに頬張ります。剛さんの食べ方を「かっこいい」「上手い」「きれい」と二人が絶賛。

商店街を抜け、道で出会う人達に気軽に手をふったり挨拶したりしながら東へ向かう三人。「(東小)橋本通」に出ると、橋本さんのM-1チャンピオンのお祝いをまだしていないからしようと思ったり思ってなかったり、と剛さん。前回出てくれたときはまだ「チャン・ヒオン」だったそうです。前回から導入された三度カメラに加え、今回からこいでカメラ(パチカメ)も導入されました。

“大阪のセーヌ川”にかかる平戸橋を渡りながら、橋の上でパンツに近いものを発見。目視確認させられる橋本さん。ここでパンツのインサート映像を“戦場”にいるかのようなポーズで熱心に撮影する「インサートガール」出現で大盛りあがり。

今里に到着した三人は新橋通商店街へ。金網にかけられた花と記念撮影する三人ですが、こいでさんを撮影する剛さんの背後から、早く花を撮りたくてしかたない「インサートガール」が接近。その後も真面目に仕事をこなすインサートガールですが、そのインサートガールをサンディ(三度さん)が撮影し始め、それを撮影するこいでカメラ、その様子を撮るカメラ…と、橋本さん曰く“マトリョーシカ”状態に。

さらに東へ向かう三人。娘のバイト先の飲食店に立ち寄って勤務態度を調査してほしいという依頼を紹介する三度さん。その情報資料に印刷されたきれいな娘さんの写真にキスするこいでさん。そしてまさかの剛さんも。二人の行動に動揺する橋本さんですが、こいでさんと剛さんは、間接キスになったことに気づいて慌ててます。

ここで下校中の大勢の小学生と遭遇。エキストラさんかと疑ったりする剛さんですが、「銀シャリ投げてみて」と橋本さんに無茶振り。その銀シャリ投げに、見事に反応する子どもたち。「やっぱ関西の子は偉いなぁ」とこいでさんも剛さんも感心しきりです。

オシヤレブティック「ORIGINAL GOODS GONCHAN」を見つけ、そこで橋本さんへのお祝いを買おうとする剛さんとこいでさん。快くロケをOKしてくださったお店の方は92歳。ここで底に穴の空いた大きなコーヒーカップを発見。剛さんが三千円で購入し、橋本さんにプレゼントしました。激重のカップを持たされ、やからねロケで変なアイテムばかり増えてゆく、とボヤく橋本さん。(でも嬉しそうです)

新深江駅を過ぎる頃、ついに生駒山が見えてきました。そしてカフェ「salon hitoe」でこの日最初の休憩。カフェのテーブルで、なぜか三度さんを含めた4人はおしぼりで橋本さんのコーヒーカップを磨きだします。剛さんはホットココアを注文しますが、一口飲んで「これは僕に対しての挑戦状なのか。ボケろと言われているのか」。結局店員さんの単なる温め忘れということで、一件落着し、剛さんは「おかげで撮れ高ができたので助かりました。ごちそうさまでした」と丁寧にごあいさつ。

エンディングトークではカップを抱えながらダジャレ連発の橋本さんを「腕を上げてきた!」とべた褒めする二人。この日のロケを振り返り、剛さんがつけたタイトルは「え?お母さんあれ売ったん?編」。「GONCHAN」の娘さんが店に戻った時の言葉を想像して、付けられました。

剛さんの耳を心配しながらも、ずっとずっと待っていた「堂本剛のやからね」。今回も変わらぬおっとりと楽しそうな剛さんが見られて本当に嬉しかったです。

第12回 2017.06.09

MBS公式サイト

梅田から地元・奈良へ帰るんやからね 3

シャンプーハット・こいでさん、千鳥・ノブさん、[天の声] 桂三度さん

この日のスタートは大阪城 豐國神社。豊臣秀吉像の前で灰色の空を嘆く剛さん。ストイックに進みすぎて何も起こらなかった前回に納得いかないノブさんから、リラックスしながらもスポットを訪れたり人とふれあったりして撮れ高を考えなきゃ、と提案。すると剛さんから豊臣秀吉像にインタビューしてみてと無茶振りされる羽目に。

歩きながら“お堀”が気になるノブさん。そこから“堀”内孝雄さんの上ヒゲが話題になり、最後までこの“上ヒゲ”が重要なキーワードに。

緑のジャケットのノブさんと葉っぱの区別がつかなくなったりしながらも、アイルランドから観光で落とすれていたステキな6人家族とふれあい、30分以上かけてやっと大阪城を出た3人。高速案内標識に「奈良」の文字を見つけて大喜び。続いて難波宮跡公園ではこの回から登場した“三度カメラ”の安いドローンカメラのような動きにツッコミ。

中学受験をするメグちゃんに温かいエールを送り、コーヒー専門店「Doi Tung」ではコーヒー歴30年・ヒゲ歴16年のマスターが作る、見た目も味もすばらしい“撮れ高”コーヒーゼリーに舌鼓。「ポップコーンパパ 玉造店」では、梅カツオとハバネロを購入。そして赤ちゃんを連れたお母さん二人連れに遭遇。ノブさんの子守唄は逆効果でしたが、ポップコーンをおすそ分けしながらミルクの話。さらにとっても元気な化粧品会社の方々の大歓声の中、商品を持たされ、ポップコーンを頬張りながらも素直にカメラにポーズする優しい剛さん。

最後は玉造商店街へ。真田丸の顔ハメパネルで記念撮影をし、「つたや書店」へ。なぜかスタッフも一丸となって“上ヒゲ本”を探し、2冊を視聴者プレゼントに。応募の際のキーワードは堀内孝雄さんのいる「アリス」ではなくまさかの「○○フィー」。そしてもちろん剛さんはこの回を「上ヒゲ編」と命名。次回は「つたや書店」さんからスタート!

第11回 2017.03.03

MBS公式サイト

梅田から地元・奈良へ帰るんやからね 2

シャンプーハット・こいでさん、千鳥・ノブさん、[天の声] 桂三度さん

オープニングは前回の終了地点・“近未来的なデザイン”の関テレ前。前回を振り返るVTRのナレーションは喫茶いちごのママ!あれ以来すっかり剛さんのファンになり、紅白歌合戦に出場した剛さんを、三度さん曰く“大大(おおだい)応援”していたとのこと。剛さんもとても嬉しそう。

扇町公園を抜けて南東に歩き出した一行ですが、剛さんは遅れて到着したメインカメラマンの袖垣さんが到着したのを見つけて思わずハグ。スタッフさんとの中の良さも垣間見える光景でした。さらにまさかの“緑”のグラデーションにテンションアップ⤴️

“撮れ高の宝庫”・日本一長い「天神橋筋商店街」を素通りし、「Crapeあまのじゃく」で買った“黄色いマグロ”のようなトロトロ焼き芋を食べ、途中で沢山の“みどり”や犬シールにも遭遇し、リサイクル店「TDRショップ」で臭いヘルメットに盛り上がり、ひたすら着々と進む一行。疲れたノブさんのために「PATISSEERIE Empiffrerie」でひとやすみ。剛さんはオレンジペコティーを注文。

「キャレスボーカル&ダンススクール京橋校」のスタジオで“グリーン”がテーマのフリースタイルダンスをさせられ「死ぬど!」となったノブさんは、東京での仕事のため2時でお別れ。グッバイダンスをしながら去っていきました。

最後は“秀坊”の大阪城にある豐國神社で旅の安全祈願。この日3.5キロの歩いたロケを振り返り「何やってたんすかね?今日」と剛さん。つけたタイトルは「情緒不安定編」でした。

前回と同じく(前回よりさらに?)ゆる〜い1時間。放送中、公式アカウントからも沢山のツイートがあり、見ているファンも見られないファンもとても盛り上がりました。

第10回 2016.12.09

MBS公式サイト

新シリーズ!梅田から地元・奈良へ帰るんやからね…ただし徒歩で

シャンプーハット・こいでさん、銀シャリ・橋本直さん、[天の声] 桂三度さん

オープニングはMBS前。剛さんが、10回目だからバラエティを超越して大きい目標をたてて始めるのはどうかという話になって…と説明。そしてMBSから徒歩で奈良を目指すことに。こいでさん&橋本さんと一緒に、奈良までの32キロの道のりを歩きだします。

中崎町に入ってすぐファンと遭遇。ボケまくる剛さんとこいでさんは、ナイスツッコミをしてくれる橋本さんに深く感謝。途中「GLOW NORTH」の店前の椅子に腰掛け、ファンのための名所「つよしスポット」作り。ECCアーティスト美容専門学校のネイルサロン「LAPUA」を覗き、ネイリストさんの作るおにぎり(おつぶし)の話で盛り上がり、ティールーム「いちご」でひとやすみ。

生放送ラジオに出演する桂三度さんを送るためにまさかのMBSに逆戻りの途中、「幸せのパンケーキ」の列に橋本さんを並ばせて置き去りに。そして剛さんとこいでさんは三度さんと一緒にラジオ「上泉雄一のええなぁ!」に出演してしまいます。橋本さんと合流して幸せのパンケーキを食べたあとは、こいでさんを関テレに送ることに。

結局この回では奈良までの32キロのうち、1キロだけ進みました。この回は剛さんいわく「お見送り編」。奈良に着くまで終わらないこの企画、次回は関テレから出発!

第9回 2016.07.23

大阪から東京に勝負しに来てる人を応援するんやからね

千鳥・ノブさん、銀シャリ・橋本直さん、[天の声] 桂三度さん

大阪を離れ東京で頑張る方々を、剛さん・ノブさん・橋本さんが訪ねて応援📣

まずは代官山のたこ焼き店「天風」へ。単身赴任で頑張る「ちゅ」が多いステキな店主・櫻本さんと意気投合。剛さんからも、上京時の苦労話や、当時お世話になった先輩・佐野瑞樹さん、SMAP兄さんのお話。次に秋葉原で株式会社エズモムを経営する若き同級生社長・河野さんと高橋さんのもとへ。さらに若き陶芸家・岡崎彗佑さんの働く白金陶芸教室へ。岡崎さんの作品名「根殻(こんから)」がお気に入りの剛さん。クリエイターとしてクセがすごい岡崎さんに触発されたのか、「ゴロ−丸ポージング重器」という傑作が剛さんの手から生まれました。最後の下目黒のカフェ&バー「ゴルビィ」にいたのは麒麟の田村さん。ロケの7月7日は田村さんご夫妻の結婚記念日ということで、お祝いのケーキをプレゼント。田村さんによるケーキの浮遊ショーでエンディングとなりました。

★この回は「堂本剛のやからね」の生みの親・東郷泰樹プロデューサーが担当する最後の回となりました。東郷さんが剛さんに送った「ラブレター」のような企画書から始まった番組。東郷さんの狙い通り、“飾らない男”・剛さんとゲストのみなさんが“ありのままの姿”を見せる、ステキな”普段着番組”となりました。東郷さん、本当にありがとうございました。これからも「堂本剛のやからね」がずっとずっと続きますように。そして東郷さんが異動先でもますますご活躍されますように。そして何よりまた剛さんと東郷さんがご一緒される機会がありますように。心からお祈りしています。(管理人 2016年7月)

第8回 2016.03.19

ウラなんばのええところを散策するんやからね

千鳥・ノブさん、銀シャリ・橋本直さん、海原ともこさん、川畑泰史さん、酒井藍さん

オープニングは難波千日前公園。ともこさんオススメの、ウラなんばグルメのお店へ。まずは芸人さんたちが通う洋食店「カトリーナ」でクリームコロッケをトッピングしたオムライス。本格中華の「外灘紅緑灯」(ワイタンホンリュウドン)ではデザートのマンゴープリン・杏仁豆腐・シャーリーテンプル(ザクロ+ジンジャーエール)。なんばグランド花月にも立ち寄り、川畑さんと酒井さんと共に奈良の味にこだわる居酒屋「楽彩」へ。奈良漬けとクリームチーズを組み合わせた「チー奈良」がお気に入り!最後は女子専用カラオケへ。ここでなんと剛さんが「硝子の少年」を!感動冷めやらぬ橋本さん&ともこさんでした。

第7回 2016.01.02

正月やからね〜京都でええもんの値段を見極めるんやからね

千鳥・ノブさん、シャンプーハット・こいでさん、[天の声] 桂三度さん

祇園の老舗天ぷら店「京星」で美空ひばりさんが愛した天ぷらを堪能し、18品おまかせコースのお値段の見極めに挑戦。オーダーメイドのお箸専門店「京都おはし工房」では、希少木材・黒柿 孔雀杢で作った箸&箸箱の値段の見極めにトライ。最後に、ひのき風呂付き京町家の宿「京都旅庵・然」で3名宿泊時の1泊1人あたりの料金を見極め。正解してゲットしたダーツで獲得したものは…

第6回 2015.11.28

梅田で収穫してバーベキューするんやからね

すち子(すっちー)さん、銀しゃり・橋本直さん、[天の声] 桂三度さん

新梅田シティの梅田スカイビルの足元にある「新・里山」で芋や落花生を収穫。続いてヤンマー本社内の梅田ミツバチプロジェクト養蜂場(大阪ハニー)ではちみつを収穫。最後にビルの屋上「谷町空庭」にて、たけだバーベキューさんも加わってのBBQで美味しいスイーツ作り!

第5回 2015.07.31

人気もんの順位を当てるんやからね

千鳥・ノブさん、シャンプーハット・てつじさん、[天の声] 桂三度さん

「叙々苑 游玄亭」ホテルニューオータニ大阪店で、メニューの人気もんの順位を予想。武将のような顔つきで挑んだ剛さんが BETWEEN を見事に正解!卵かけご飯専門店「美味卯」では、卵の人気もん順位を予想。3位を当てるしかないギリギリの状況で、再び大正解!すっかり BETWEEN のプロとなった剛さんが最後にドアハンドル・レバーハンドルのメーカー「ユニオン」のショールームでレバーハンドルの人気順位を予想して…

第4回 2015.04.02

京都のええもんの値段を当てるんやからね 第2弾

千鳥・ノブさん、麒麟・田村裕さん、[天の声] 桂三度さん

1979年生まれの3人が集結。1689年創業の京うちわの老舗「阿以波」で、プラチナ箔を用いた高級うちわの値段を予想。次の高級ジェラートの店「ジェラート・ベネ工房」では、マダム教子さんの究極の抹茶ジェラート「極」の値段あてに挑戦。最後はステッキ・杖の専門店「つえ屋」へ。最高級杖「スネークウッド」の値段あては…

第3回 2015.01.02

正月やからね〜京都のええもんの値段を当てるんやからね

千鳥・ノブさん、シャンプーハット・こいでさん、[天の声] 浅越ゴエさん

日本一古い手作り茶筒の老舗「開化堂」で、銀製の茶筒の値段あてに挑戦。続いてニューヨーク発祥の高級チョコレート店「マリベル」京都本店で、アートガナッシュ100ピースレッドボックスの値段を予想。最後に桃山時代から続く線香・お焼香の店「薫玉堂」で最高級香木の刻み・伽羅240gの値段あてにトライ。“助っ人”としてパイセン矢野さんも登場!

第2回 2014.09.13

3人で10万円やからね

千鳥・ノブさん、銀シャリ・橋本直さん

大阪・中崎町で街ブラ&ショッピング。最初に立ち寄ったお店は動物雑貨の店「ONLY PLANET」。レトロ雑貨の店「green pepe」では光GENJIのローラースケートセットを発見し、あいすパンの店「べーかりーかふぇ伊勢屋」さんの美味しいあいすパンにご満悦。お守り天然石の店「和の草の玉」では剛さんのエピソードに感激したノブさん・橋本さんがホワイトセージを購入。その後も古着屋さんなどを巡りましたが、ノブさんのスケジュールのため時間がなくなり、最後は駆け込みで念願の「いのりネコ」をゲット!

🔸J-CASTテレビウォッチ

<堂本剛のやからね>(毎日放送) 堂本剛のゆる~さ楽しめ!「10万円よう使い切らんわ」ノブ小池、橋本直と大阪・中崎町を街ブラ&お買いもの

第1回 2014.04.12

大人やからね

シャンプーハット・てつじさん、天竺鼠・川原克己さん

剛さんがいま本当に会いたい関西芸人と街歩きする番組がスタート!高級紅茶の店「サロン・ド・テ・ラヴォンド」では、1ポット3000円の最高級紅茶、生クリーム入りミルクティー、クリーミーチーズケーキ等を堪能。続いて日本茶カフェ「茶茶の間」へ。日本茶ソムリエも交えた絶妙なトークのあとは、静岡産日本茶「秋津島」を喫し、最後は隠れ家バー「北青山サロン」へ。和服姿の3人のゆるくて楽しい街ブラ。なすびをかぶった“無駄にハンサム”な剛さんも見れられました。