楽天 世界遺産劇場 -飛鳥・石舞台-
2010年5月14日(1公演)
国営飛鳥歴史公園 石舞台地区

◆バンドメンバー

 

十川ともじ

屋敷豪太

スティーヴエトウ

土屋公平

吉田建

◆セットリスト

 

ENDLICHERI☆ENDLICHERI

時空

Love is the Key

歴史

空が泣くから

ソメイヨシノ

空〜美しい我の空

春涙

PINK

Say Anything

音楽を終わらせよう

つよしんぐわーるどレポ

平城遷都1300年を記念した世界遺産ライブの初日に登場!美しい自然の演出の中、天に真っ直ぐ昇る透き通った歌声で観客を魅了しました。

◆NEWS

オリコン 朝日新聞

我が故郷「古都 奈良」の空のしたで、幾千もの愛を彩れることを心から嬉しく思います。今年2010年は、平城遷都1300年と云う奈良の歴史のなかで、私、堂本剛の歴史のなかで、重要な年になります。

 

現在も刻まれ続ける宇宙の歴史の果てで、飛鳥の光り輝く大地に立ち音楽を奏でられることを、心から嬉しく思います。このご縁へこの日へと導いて下さった皆様へ、そして足を運んで下さる皆様へ、感謝の想いが止まりません。

 

愛とは求めるものではなく 与えるものでありたい。

 

二度とない瞬間をひとつひとつ大切に感じながら、一度きりの自分を描けるこのステージをいまから待ち遠しく思います。

 

堂本 剛

 (ライブHP掲載メッセージ)

 ◆朝日新聞 2010年4月22日
いにしえ まっすぐ
世界遺産劇場 第13幕 石舞台
人の心  救うのは奈良 - 堂本剛さん

 

奈良の出身ですが、石舞台古墳には最近まで行ったことがありませんでした。東京の人が東京タワーに登らないのと一緒かもしれません。でも3〜4年前、特に理由もなく、ぶらっと行ってみたんです。そうしたら、なぜここに石が積まれているのか、不思議に思うスイッチが入りました。歴史をいろいろ感じることで、今を生きるのに磨きをかけないといけないなって。

あの場所へ行っても、石が積み上げてあるだけと思う人もいるし、純粋に雰囲気を楽しむ人もいると思う。どう感じるかは自由でいい。奈良は、そんな人の心を素直に表してくれるエリア。何か、自分を知ることができる場所だと覆います。

これまで、地味で主張していないのが奈良っぽくて、そこに胸張ってればいいと思っていました。だけど、作品に奈良のフレーバーを自然に入れることで、若い世代にも日本の心の原点や、四季を感じられるこの国の素晴らしさを、さりげなく気づかせてあげることができる。今の人の心を救うのは奈良なんじゃないかと思っています。たまたま自分が生まれた場所なので、そういう作業も自然にできるんです。

僕にとって地元で歌うということも、すごく自然なこと。深く考えず、意気込みはそこそこにするくらいがちょうどいいのかなって、夜空の下で歌う時間なので月がテーマに入ってくればいいけど、そういう曲は作っていない。何か自然に対してさせさげるニュアンスで歌おうと思います。飛鳥という大地に息づいているメッセージに対して、まっすぐ音を出せたらと。

ステージも石舞台古墳を見つめる位置にある。石舞台とコンタクトを取りながら、その間で挟まれる観客のみなさんに感謝の気持ちを込めて、自分の音楽で抱きしめてみたいんです。

今年は、平城遷都1300年の節目の年。僕も「奈良人」として奈良を勉強し、外の人に与えることのできる知識を得て、来年から何が仕掛けられるかを探りたい。見えなかったことが見えるきっかけとしても、奈良はやさしくかかわってくれる土地。多くの人にぜひ、足を踏み入れてほしいと思います。

 

ishibutai_poster.jpg
石舞台古墳.jpg
LIVE#13 石舞台.jpg
T_2010 石舞台 メッセージ.jpg