海を渡って

作詩:堂本剛(歌詩
作曲:堂本剛
 
◆堂本剛 - Vocal, Chorus
◆吉田建 - Arrangement, Bass
◆松尾和博 - Guitar
◆村石雅行 - Drums
◆国吉良一 - Keyboards
◆富樫春生 - Keyboards
◆溝口和彦 - Programming
◆利根川典子 - Chorus
◆Misumi - Chorus
◆富永弘明 - Chorus
◆JIN - Chorus

●アルバム「[síː]」堂本剛 2004.08.18

●DVD/VHS「TSUYOSHI DOMOTO 2nd LIVE [síː] 〜FIRST LINE〜」初/通-Disc2

CDジャーナル

シャラシャラとかき鳴らすアコギが爽やかなカントリー調の楽曲。“何時だって自分らしくね”と自由な歌詞とやわらかいグルーヴ感は心地よい風のよう。2ndアルバム「[síː]」のなかでも特に人気の高い一曲。

レコメン 2004.08.23 (つよしんぐわーるど

会社に行くと、ああやこうや上司に言われる。いつもパズルみたいにやらされる。そこ、おかしいんじゃないか、闘って意見すべきじゃないか、と思ってもうまくいかない。そういう時に救ってくれるのが仲間だったりして。やっぱりボクは君といれば楽しいね。君と一緒に人生送っていこう。時代は急かすけど、自分らしく自分を愛して闘っていこう。仲間っていいっすね。という曲です。