摩って舐る (さすってねぶる)

 

作詩/作曲: 堂本剛

歌詩: 公式サイト Original Edition「歌詩」ボタンから


堂本剛 – Sound Produce, Arrangement, Guitar, Bass

Gakushi - Arrangement, Programing, All Keyboards

鈴木渉 - Bass

Ms.タッチ - Squeaky Sounds

Mixed by 福田聡
Mastered by Randy Merrill (Sterling Sound, NYC)

デジタル配信中

アルバム「GO TO FUNK」 ENDRECHERI  2021.08.25

​🔶REVIEW by s.h.i.さん

10曲目の「摩って舐る(さすってねぶる)」は「sustainable(持続可能な)」とも読めるもので、Parliamentオマージュの曲調もあわせP-Funkラインの伝統と堂本剛流の言葉遊びが史上最高の形で組み合わされたものでしょう。ただ聴いても楽しいしジャンル批評としても素晴らしい。

「摩って舐る」という言葉が直接的に示す卑猥さと「sustainable」が示すいつまでもグルーヴが続く感覚はファンクという在り方の本質で、この“やり続ける”(さっと済ますのではなく)演奏~時間感覚↓を一言で表すタイトルは究極のジャンル批評と言っていいのでは。このあたり本当に流石です。