NARALIEN

 

作詩:堂本剛(歌詩
作曲:堂本剛

堂本剛 - Sound Produce, Arrangement, Piano
Gakushi - Arrangement, Programming, All Keyboards
白根佳尚 - Drums
鈴木渉 - Bass
竹内朋康 - Guitar


Mixed by 福田聡
Recorded by 福田聡, 山田晋平
Mastered by Ted Jensen (Sterling Sound, NYC)

デジタル配信中

アルバム「NARALIEN」 ENDRECHERI  2019.08.14

SPOT映像 30s (ENDRECHERI MOVIE)

●DVD/Blu-ray「祈望 平安神宮 奉納演奏史 2014-2019」Disc5

●DVD/Blu-ray「ENDRECHERI TSUYOSHI DOMOTO LIVE 2019」初/通-Disc1

🔷FUNK には欠かせない「宇宙」と剛さんの故郷「奈良」 が溶け合う、珠玉のファンク・アルバムのリード曲!

タイトルは、NARA (奈良) + ALIEN (エイリアン) = NARALIEN (ナラリアン) 。“宇宙人に自己紹介するとき「ナラリアン」って言ったらいいよね”

🔷Lyrics

愛なんて無駄よ?
そう言ってしまうも
愛がすべてよ?
そう言ってしまうも
無で導いた 真ん中に立って
宇宙で 愛を研ぐ

​🔶s.h.i.さん
このアルバム「NARALIEN」の妙味に関しては謎の部分が多いのですが、ファンクで多用されるブルースマイナーペンタトニックが和音階(ヨナ抜き)に入れ替わる場面が多いことや、執拗に7thを攻める歌メロが音進行面での引っ掛かりを生んでいるというのはありそうです。この曲はその好例では。

🔶天野龍太郎さん/Mikiki

〈奈良〉と〈エイリアン〉の合成語をタイトルにしたと思われる表題曲“NARALIEN”では、ディアンジェロの『Black Messiah』(2014年)からの影響が顕著で、ドラムの響きや地を這うようなベースの音に表れている。さらにファンカデリックとパーラメントのエッセンスも感じられ、自由に弾きまくるギターや派手なシンセの音が神秘的で宇宙的なサウンドを生み出す。