I've found my voice

作詩:堂本剛(歌詩
作曲:堂本剛

堂本剛:Sound Produce
十川ともじ:Arrangement, Programming, All Keyboards
Duttch:Drums
森多聞:Bass
山口隆志:Guitar
スティーヴエトウ:Tambourine

Mixed by 杉本哲哉
Mastered by Ted Jensen (Sterling Sound, NYC)

 

デジタル配信中

●アルバム「Grateful Rebirth初回盤 堂本剛 2016.06.08

2016.05.14 堂本剛とFashion & Music Book

自分に嘘をつくより、自分が決めた未来・自分に捧げる未来というものを、力強く見せながら、毎日生きてほしい。周りの声を気にしすぎて、本当の自分を見失ってしまうような時代だから、そうではなくて、“自分はこうなんだ”ということを、大切にしてもらいたい。

2016.12.03 堂本剛とFashion & Music Book

 すごく相談を受けることも多いので、その中で生まれた曲なんです。みんなやっぱり悩んでいるんだな…と。簡単なほうに世の中は流れていっちゃうから。そう思っていなくてもそう思ってるって言うほうがいじめられないから「そう思ってる」って言っちゃうし。
 “自分というものを生きることをあきらめた人”が多いようなイメージというか。そんな中で、自分はこうしたい・ああしたいんだ、っていう思いがある人の相談を受けることが多い。だから、“自分のために捧げるための未来を生きる”っていう、そういう強さとか、“他人に対して優しさを与えることも大事だけれど、自分に対して優しさを与えることはもっと大事なことかもしれないね”っていうような、そういう曲が書けたらいいなと思って、書いた曲なんです。
 皆さんの人生、全てが思うようには行かないと思います。でも、自分の声を自分に聞かせてあげる機会をいっぱい作ってあげてほしい。そして、立ち戻ってみたり、立ち止まってみたり、そのまま突き進んでみたり。色々することを求めているんじゃないかな〜と、自分自身にさえ思いながら書いた曲です。

​🔶REVIEW by s.h.i.さん

初回盤にのみ収録されていたこちらはオーティス・レディングやレイ・チャールズにも通じる60年代R&B型のバラードからゴスペル色のあるスワンプロックに繋がる曲調。これも非常に良く、実音でどんなグルーヴ表現をするか見据えた上での作編曲が実に見事だと思います。

2016.06.07 NHK-FM「MISIA 星空のラジオ

スペシャルセッション『I've found my voice』

MISIA x 堂本剛、pf.重実徹、gt.山口周平、gt.吉田サトシ

二人のすばらしいヴォーカル・ソウルフルな歌声は、リスナーから絶賛の嵐!

​(MISIAさんとのコラボのまとめはコチラ